最近の記事

2018年03月22日

雨天でも発電できる太陽光発電、雨滴の動きからエネルギーを生成

中国のSoochow Universityの研究グループは、雨天でも発電できる太陽光発電を開発しました。雨滴による摩擦を利用したナノ発電素子(TENG)に、太陽電池セルを統合することで、天候の変動に強い太陽光発電が実現します。

最大短絡電流は33nA、最大解放電圧は2.14V

研究グループは、太陽光と雨滴の両方から発電するため、太陽電池と摩擦発電(TENG)を統合したエネルギー収穫構造を構築しました。TENG素子は、PEDOT:PSS層の上に刷り込み形成するジメチルポリシロキサン(PDMS)で構成されます(図1)。

PEDOT:PSSは、ヘテロ接合シリコン太陽電池とTENGの電極として作用します。加えて、光の反射を低減する効果を持つため、短絡電流密度が増大し、発電量の増加に寄与します。PDMSについては、水滴との接触面積を増加させることで、TENGの出力向上に成功しています。これらの工夫から、最大短絡電流は33nA、最大解放電圧は2.14Vといった数値を実現しています。

論文によると、今回の太陽光発電と摩擦発電を組み合わせたハイブリッド構成は、太陽電池の高電流とTENGの高電圧の利点を組み合わせることで、異なる気象条件からエネルギーを効率的に収収集できるとしています。なお、今回の研究は、アメリカ化学会(ACS)が2月に発行した学術誌「ACS Nano」に掲載されています。また、中国の「Key Technologies R&D Program」など各種の資金支援を受けて研究が進められています。

ハイブリッド太陽電池のイメージ
posted by Mark at 10:38| Comment(0) | 太陽熱利用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月12日

岩堀良弘:駿河湾地震――そのとき太陽光は!?

http://eco.nikkeibp.co.jp/article/column/20090824/102061/?mail
▼太陽光発電や電気自動車などを生かす社会システムの実現には何が必要か
http://eco.nikkeibp.co.jp/high-ecology/column_ikuma/05/index.shtml
▼嶌信彦:電池が変える低炭素社会 車、家、ライフスタイルも変化へ
http://eco.nikkeibp.co.jp/article/column/20090817/102022/?mail
▼学校向けで新型太陽電池に注目 「スマートグリッド」先取りも
http://eco.nikkeibp.co.jp/article/news/20090826/102083/?mail
▼太陽電池の国内出荷量,前年同期の1.8倍に
http://eco.nikkeibp.co.jp/article/news/20090824/102065/

【 太陽光発電 】の関連記事はこちら → http://eco.nikkeibp.co.jp/energy/
posted by Mark at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 太陽熱利用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする