最近の記事

2018年04月22日

低圧市場を変えるか、パワコントップメーカーの産業用統合ソリューション【PR】

低圧市場を変えるか、パワコントップメーカーの産業用統合ソリューション【PR】
固定価格買取制度(FIT)の開始以降、順風満帆だった太陽光発電事業が特高案件への入札制度導入や買取価格の大幅な引き下げなどにより、大きな転換点を迎えている。3月20日に開催された環境ビジネスフォーラム「脱炭素 ― 正念場の太陽光」(主催:日本ビジネス出版、協賛:ファーウェイ・ジャパン)は、今後の事業展開 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
太陽光発電の買取価格18円時代、確実に収益を生むには? 東京都でイベント
日本ビジネス出版(東京都新宿区)は、固定価格買取制度(FIT制度)において事業用太陽光発電の買取価格が18円/kWhとなっても「確実に収益を生み出せる」をテーマに、環境ビジネスフォーラムを5月17日に開催する。定員は300名、参加費は無料。
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
<原発のない国へ 世界潮流を聞く> (4)送電会社 独立性確保を
FITは高い固定価格で電気を買い取るので初期段階の再生エネを後押しする上で有効だ。確かに電気代は一時的に上がるが、再生エネのコストが下がるにつれ、下がっていく。スペインでも一九九四年にFIT導入以降、入札を取り入れたりして、競争を促し、コストを下げてきた。どの国も同じ問題に直面する。必要に応じて制度 ...
posted by Mark at 23:14| Comment(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。