最近の記事

2018年01月29日

2018-1-29


ニントゥアン省:太陽光発電所案件が着工、投資総額8000億VND
ニントゥアン省人民委員会は23日、不動産開発や貿易サービスなどを手掛ける地場BIMグループ(BIM Group)と共に、同省トゥアンナム郡フオックミン村クアンテー町で第1BIM太陽発電所案件の着工式を行った。 同案件は、BIMグループとフィリピンのアヤラ・グループ(Ayala Group)の電力会社ACエナジー(AC Energy)の ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
TDK、発電効率1.3倍の太陽電池 IoT機器向けに年内製品化
TDKはIoT(モノのインターネット)機器の電源向けに、発電効率を従来比1・3倍に高めた太陽電池を2018年内に製品化する。わずかな光を活用する環境発電(エナジーハーベスティング)技術を用いた電源で、室内の照明光でも発電できる。工場内に分散するIoT機器の電源に採用すれば、バッテ... (残り:688文字/本文:828 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
太陽光発電事業に知事の認定制度 和歌山県が導入へ
和歌山県内で設置が進む太陽光発電事業について県は、知事による認定制度を導入する方針だ。これまでに事業地周辺の住民から、安全性を不安視する声や、業者から十分な説明がないなどの苦情が県に寄せられているためで、地元説明会開催などを義務付けたいという。県民からの意見を受けた上で、条例案を県議会2 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
太陽光発電所向けPLCストリング監視装置を開発
従来、太陽光発電システムは「メンテナンスが不要」と言われていたが、最近では高確率で発電ロスにつながるトラブルが発生することが明らかになっている。住友電気工業は2014年10月に「PLCストリング監視装置」を販売。電力線を利用するPLC通信技術により安定した通信で監視ができる点、通信専用線の敷設費用を削減 ...
【関連する記事】
posted by Mark at 17:25| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。