最近の記事

2018年04月27日

積水化学、40億円で電池新工場 住宅向け生産能力6倍に 日本経済新聞

積水化学、40億円で電池新工場 住宅向け生産能力6倍に
積水化学工業は23日、住宅向けリチウムイオン電池の生産能力を約6倍に増やすと発表した。愛知県で約40億円を投じ、工場を増設する。政府による再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度(FIT開始から2019年で10年を迎えるにあたり、自家発電の目的が売電から自宅での使用に切り替える動きが広がるとみて増産 ...
posted by Mark at 22:32| Comment(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月22日

発電事業者に系統費用の負担を義務化、再エネ電源も対象に (1/2) ITmedia

発電事業者に系統費用の負担を義務化、再エネ電源も対象に (1/2)
送配電網の利用料として、維持管理などに充てられる「託送料金」現在は小売電気事業者が電力会社に支払う仕組みになっているが、政府は2020年の早期に発電事業者に対しても負担を義務付ける「発電側基本料金」制度を導入する。「再生可能エネルギーの固定買取価格制度」(FITを利用した発電事業も対象となる。
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
FITを使わず、直接送電する太陽光発電所 NTTファシリティーズが構築へ
NTTファシリティーズ(東京都港区)は、同社が保有する太陽光発電所で発電したグリーン電力を既存送配電網を使い、法人向けに電力を直接届けるサービスを開始するにあたり、再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FITを活用しな
posted by Mark at 23:16| Comment(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NTTファシリティーズ、FITを活用しない太陽光発電所の構築に着手 エネクトニュース (プレスリリース)

NTTファシリティーズ、FITを活用しない太陽光発電所の構築に着手
株式会社NTTファシリティーズは4月16日、保有する太陽光発電所で発電したグリーン電力を直接届けるサービスの本格的な開始に当たって、再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FITを活用しない太陽光発電所の構築に着手すると発表した。 この背景に、太陽光発電を中心とした再エネ導入がFITにより急速に拡大し
posted by Mark at 23:16| Comment(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

低圧市場を変えるか、パワコントップメーカーの産業用統合ソリューション【PR】

低圧市場を変えるか、パワコントップメーカーの産業用統合ソリューション【PR】
固定価格買取制度(FIT)の開始以降、順風満帆だった太陽光発電事業が特高案件への入札制度導入や買取価格の大幅な引き下げなどにより、大きな転換点を迎えている。3月20日に開催された環境ビジネスフォーラム「脱炭素 ― 正念場の太陽光」(主催:日本ビジネス出版、協賛:ファーウェイ・ジャパン)は、今後の事業展開 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
太陽光発電の買取価格18円時代、確実に収益を生むには? 東京都でイベント
日本ビジネス出版(東京都新宿区)は、固定価格買取制度(FIT制度)において事業用太陽光発電の買取価格が18円/kWhとなっても「確実に収益を生み出せる」をテーマに、環境ビジネスフォーラムを5月17日に開催する。定員は300名、参加費は無料。
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
<原発のない国へ 世界潮流を聞く> (4)送電会社 独立性確保を
FITは高い固定価格で電気を買い取るので初期段階の再生エネを後押しする上で有効だ。確かに電気代は一時的に上がるが、再生エネのコストが下がるにつれ、下がっていく。スペインでも一九九四年にFIT導入以降、入札を取り入れたりして、競争を促し、コストを下げてきた。どの国も同じ問題に直面する。必要に応じて制度 ...
posted by Mark at 23:14| Comment(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする